伊東 イソギンチャク類

イソギンチャクは「刺胞動物門 花虫綱 六放サンゴ亜綱」に含まれる種でここでは目で分類しています。

イソギンチャク目 スナギンチャク目 ハナギンチャク目
     

イソギンチャクについて
イソギンチャクは刺胞動物門に入り刺胞動物というと、イソギンチャクやクラゲ等、刺すものをイメージすると思います。
そのイメージ通りですが大きく見ていくと、サンゴやトサカ、ヤギやガヤ等も仲間になります。
ここではイソギンチャクしか触れませんが・・・。

イソギンチャクに限った事ではありませんが、いくつかの種を覚えておくだけでフィッシュウォッチングの幅は大きく広がります。
ダイビングにおいてイソギンチャク単体を見ることは少ないと思いますが、その美しさはさることながら、そこに住む生きものを見るには宿主となるものをいかに見つけるかがポイントとなります。
必ずセットでついてくる生きものがたくさんいますね。「クマノミ=イソギンチャク」、「エビカニ=イソギンチャク」など。
どんなイソギンチャクにどんな生きものが付くのかを知っているだけでも、目当ての生きものを探す糸口となります。
また、キレイなイソギンチャクをバックに魚やエビを撮影する、まさに良い被写体です。
ただし、毒を持つものなんかもいるので注意してください。