マンボウの詳細

伊東には毎年、1月〜3月にマンボウが見られるようになります。マンボウの回遊ルートにあたっているようであるが、未だ謎が多く解明されていない。本来マンボウは温帯域に生息する種であるが、伊東では決まって水温15°〜13°の最低水温下での出現となる。
大きさは、小さいもので1.5m、大きなものは3mもあり、大きさだけで見ても圧倒的な存在感を発している。
 
まずは、言葉よりも見て頂いた方がわかる。  
 2.5m  1.5m  1.5m
 3m  1m弱  1m弱
 1.5m  2.5m  2.5〜3m

  
過去の出現データを見ると一定のパターンが出てきました。
確立をあげてマンボウを当てていきましょう。
  

集積データ情報  
大潮回り :もっともよく出る潮回り。
白濁り  :若干白くなっている時に多く出現。
シラコダイ:マンボウのクリーニングフィッシュとして有名でたくさん集まっている。
クラゲ  :餌。(ただし、深海のイカや甲殻類、小魚等をよく食すようで、微妙なデータ)
安全停止 :水深30m〜水面まで各水深で見られるが、安全停止中、根頭の目撃が大多数で80%を占める。
        特に白根南のブイ周りが最も多い。
 
1月〜3月までの大潮回りの日(参考)
1月・・・1、2、3、15、16、17、18、30、31日
2月・・・1、2、14、15、16、17日
3月・・・1、2、3、4、16、17、18、30、31日

※確実に見れるものではないので、ご了承下さい。

〜マンボウのあれこれ〜
・英名ではSunfish。水面に横たわった姿が太陽に見えることからこの名がついた。
・3億個の卵!すごい数ですが、ほとんど成魚になれず、大半が成長途中に多種の餌となってしまいます。
・稚魚・幼魚はトゲトゲの体。成魚とはほど遠い形で、見た目はコンゴウフグにもっと針を加えた姿。食べられないように
 身を守る役割プラス、水の抵抗を得る(浮きやすく)ための様です。
 成魚には浮袋がないが浮遊生活をするために幼魚期にはある様です。
・生息水深は水面から300m程度までの水深とかなり幅広い
・ジャンピング。水面から飛び上がり、身体に着いた寄生虫を取る為ともいわれています。
・水面横たわり。鳥に寄生虫を撮ってもらう為ともいわれていますが謎。
 ただ、流木や流れも等と一緒に漂っていることがあると、地元漁師の目撃も多数ある。
 
 〜体験談〜
・2.5〜3mの大型は単体で、1〜1.5mの小型はグループで出ることが多い。
 過去には最大で20枚の群れが出た事もあります。
・スピードはかなり速い。おっとり見えるが泳ぎ出すと追いつけない。
・大型の個体はあまり逃げないが、小型の個体はすぐ逃げる。
 BIGサイズは特に逃げず、触れるほどちかづけることしばしばあり。光は当てない方が吉。
・白根ドロップオフで遭遇したら、すぐ消えても諦めない。同じ場所に戻ってくること多い。
 根を1周したり、他の物を見て時間をつぶそう。
・最後まで気を抜かない。安全停止中、遭遇をあきらめた時、うしろに気配を感じ振り返るとダイバーの後ろに連なって
 いることも。このパターン結構あります。その場合、慌てない。一気に寄ると一瞬でいなくなる。

まだまだ、いろいろありますが、とにかく”謎”だらけ。そして、ダイバーなら一度は見たい生きものの一つですね。